大石京子東洋鍼灸院 UMEGAOKA

  • はじめに
  • ■未病を治す
  • ■中医学とは
  • 治療の流れ
  • よくみられる疾患
  • 梅が丘便り
  • 料金
  • 地図
  • プロフィール
大石京子東洋鍼灸院 UMEGAOKA

鍼灸治療の流れ

1問診をします

気になる症状、生活面での気付いたことを話してください。ゆっくりとお話をうかがっているなかに体調が悪くなった原因や健康になるためのヒントをみつけます。

2舌、脈を診ます

ダミー

舌ではこけや舌の形色、脈は流れ方、強弱、速度、深浅を指3本で診ます。脈は左手が心、肝、腎 右手が肺、腗、腎で問診とあわせて現在の体調を判断します。

3鍼・灸で治療を行います

ダミー

治療の第一歩はご自分の状態を把握することです。なぜ具合が悪くなったかの原因を導き出し、治療方針をたてます。つらい場所だけでなく全身のツボを使って治療します。頭痛に足のツボもつかいます。

鍼

ダミーダミー

症状に合わせたツボを直接または間接的に刺激します。体調を崩す原因は気・血・水の流れが悪くなったためと考えられます。鍼は気・血・水や内蔵に働きかけ流れをよくすることがねらいです。
*鍼は全てつかいすてです。

灸

鍼と同じように気・血・水の流れをよくします。特に冷えの強い方には大変有効です。またどうしても鍼が苦手という人に使用します。

ダミーダミーダミーダミー

4鍼・灸の効果を高めるために
マッサージと食事のアドバイスを行います

マッサージ

ダミー

鍼・灸の仕上げに行いますと大変心地良いだけでなく、治療効果がアップします。

食養生

ダミーダミー

1日に3回摂る食事は、摂りかたしだいで健康を左右します。薬膳では私達が普段食べている食品を上品といい、最も良い薬と考えられています。食は薬以上に私達の体にやさしく作用します。

5生活習慣へのアドバイスをいたします

軽い運動法や呼吸法、生活習慣への改善策などを必要に応じてお話します。治療効果を上げるためであり、元気になるためぜひとも習慣化していただきたいことです。